菅谷不動尊  菅谷寺
菅谷不動尊  菅谷寺
菅谷不動尊  菅谷寺

菅谷不動尊 菅谷寺すがたにふどうそん かんこくじ

800年以上前の鎌倉期初期創建の日本三大不動尊

No,9庭園・建築

新発田市

正式名称は、真言宗醍醐派「諸法山・菅谷寺(かんこくじ)」ですが、通称「菅谷不動尊」として親しまれています。
開基は、護念上人(ごねんしょうにん:源頼朝・義経兄弟の叔父)により建久6(1195)年に創建。
その後、雷火により当時の伽藍が焼失するも、「みたらせの滝」に住むタニシの守護により本尊(不動明王)は守られたと云う伝説があります。
本尊は酉年と卯年の御開帳以外は秘仏とされています。
本堂(明和7(1770)年)と山門(慶應2(1866)年)は新発田市指定文化財です。

休館日、開館時間は施設にお問い合わせください。

Copyright © The Road of Beautiful Japanese Gardens
and Traditional Buildings in Niigata